モチベーションを上げるためのベースとなる方法

モチベート

最近やる気がでない。毎日の生活をただ繰り返すだけで、楽しくない。

そのような状況を変えて、モチベーションを上げるための方法を紹介します。images

 

自分を認めてあげること

モチベーションを上げる前にベースとして必要なことがあります。それは、今の自分自身を認めてあげることです。

認めるとは、受け容れることです。具体的には、自分のできていない点にフォーカスするのではなく、できている点に焦点をあてて、全部含めて『自分』と受け容れます。

つまり、自分を否定せずに肯定をします。20130205nakata01

できない点ばかりをみつめて自分に対して『何故できないのか?』『自分はまだまだ』だと自分に言い続けることによって何が起こるでしょうか。

実は、自分と365日どんな時でも一緒にいるのは自分です。そんな自分が自分を『できない』『まだまだ』と言い続けるということは、耳元でいつもそばにいる人が自分が否定的なことを呟き続けることと一緒です。そのような状況でやる気になりますか。3db8bf86fc86c7b777faf4cd31ec65cf

想像すると恐ろしいことですよね。しかし、これを日常的に実施してる人が多くいます。

自分にプラスの言葉をかける

先ほどの話で自分を否定せずに肯定することによって、ベースはできました。この肯定をさらに強いものにしていくための具体的な方法を説明します。

『できない』ことにフォーカスせずに『できていること』をさがし、そのことを自分に言います。特にお薦めは、一日の終わりの寝る前に以下のことを行います。(寝ている間に潜在意識が高まるためです)0fee8fa173c7b203_600_9999

モチベーションを上げるためのベース作りの仕方

◆自分ができたことを書き出す

◆書き出したものをみながら『これもできて、これもできて凄い!』と声に出す

◆できていないことが気になった場合は、『[何]をすればできるかな?』と声に出して言う。そうするとできないということを自分に言うのではなく、何をすればできるかを考え出すため、できない自分よりもできる自分がイメージできる。

このことを繰り返していくことで、自分のモチベーションが上がり、行動意欲が上がってきます。

Fotolia_33960519_S

何故そうなるか?

365日、いつも自分の側にいる人は自分です。自分の耳もとでいつも『できたこと』を褒めてれて、『できないこと』ではなく『どうすればできるか』を一緒に考えてくれる人がいるとどうでしょうか。モチベーション上がりませんか。Fotolia_37519451_Subscription_XXL

特に、会社などで周りの人から『何故できないのか』『使えない人間だな』など言われ続けている人程、この方法は効果的です。会社の人は、自分の一部しか見ていないため、人格までも評価する資格はありません。

自分が自分をしっかり認めてやること、そしてプラスの言葉をかけることで自分のモチベーションを高い位置でキープでき、ブレることはありません。

逆に先ほどのように自分を否定し続けると場合によってはうつ病などになります。c8be2_137_dcb93949_8c38d9c7

最後に

モチベーションを上げるベースとなる方法ができない人の多くは、完璧主義です。私も完璧にできない自分が嫌で自分を否定していることに気がつきました。『こうでないといけない』『こうあるべき』と思って自分で自分を苦しめていました。

そのことでモチベーションが安定せず、目の前に起きるできごとに左右されている自分がいました。できなかったことを何度も自分に問いかけ、落ち込むことを小さい頃から繰り返していました。thumb5

そんな時に、アンソニーロビンズの日本事務局長である是久さんのイベントに参加し、夜にプロのコーチである本田コーチにセッションを受けて今回の方法を思いつきました。

普段モチベーションが上がらない人は、一度自分自信と向き合い、普段自分に対して問いかけている言葉を変えてみてはどうでしょうか。

是久さんのHP

有限会社グレイス~フローマネジメントをすべての人に~
本田コーチのプロフィール

本田 賢広 コーチのページ

 

ポッチっとボタンを押してもらえるとめっちゃ嬉しいです♫

フォローしてもらえると喜びます★