決断できない!そんな時に使える決断力を上げる方法

43c532ec-s

あなたの周りにこのような人はいませんか?

  • 外食先に注文時に悩む時間が長い人
  • 何を聞いても『とりあえず』を口癖にして先延ばしにする人
  • 他人に判断をすぐ求める人honmyo1

上記の人に共通する点は、『決断力』です。

 

決断力が欠けてる原因

何故、決断力が欠けるのでしょうか。そこには、以下のような原因があります。

  • ベストな決断をしようとする
  • 失敗しないことを考える
  • 自分で責任がとれない、または自信がない
  • 過去の結果に縛られる

中でも『ベストな決断をしようとする』ことが全てに共通し、人が迷ってしまう原因になります。images

実際問題、ベストな決断だけを繰り返すことなどは不可能です。何をもってベストと決めるかどうかもその時々で変わります。また、失敗しない決断もどうように常に失敗せずに過ごすなど宝くじを当てるよりも難しいです。

失敗も考えようによっては次の選択を成功へ導く材料になります。それでも私も含めて多くの人が決断をできずにその場で考え込んでしまいます。

では、どうすれば決断力を上げることができるのでしょうか。

決断力を上げる方法

結論から言うと『捨てるものから選ぶこと』です。『捨てるもの』を選んだ後は、こだわらないことが重要です。そして最後に残ったものを選択します。捨てる決断を繰り返して残すという逆の方法で選択肢を選ぶ決断をします。SAMSUNG

例えば選択肢が、3つあったとします。多くの場合は、3つの中で一番ベストを選ぶために迷いが生じます。それぞれにメリットとデメリットが存在するからです。『あれも大事でこれも大事』といったように大事な点だけにフォーカスして選べません。

そこで、その中でもまず捨てるものはどれかという視点で選ぶと案外あっさりと決めることができます。

捨てるためには、先日の記事でも紹介した通り『自分の優先すべきもの』を明確に持つことです。自分の軸を構築することです。

その基準をベースに捨ていき、残ったものを選択します。

『捨てられない』から『諦められない』から決断力が鈍るのです。

※参考
『無駄なモノ』から脱出し、あなたの人生をより豊かにする『捨てる勇気』 | 本と気になる!ブログ

まとめ

決断できないということは、人生において前に進めないことと同じです。決断しないという決断を無意識で行っていることと変わりません。

人生を充実したものにするためには、考えて、決断し、実行し、見直してまた考えるというPDCAサイクルを早く回す必要があります。今このブログを読んでいて、決断できていないことがあればすぐに行動に移す決断をして下さい。

複数の選択肢であれば、捨てるものから選んで下さい。捨てたものは、諦めて下さい。この繰り返しによって、あなたの決断力は劇的に上がり、生き方も変わります。40fbb1f7

私の場合、テレビも観つつ、ゲームもしつつ、勉強もしつつと中途半端な状況にいます。勉強が自分にとって大切であると判断して一人でだらだらと観るテレビの時間もゲームをしる時間も捨てることを決断します。

 

ポッチっとボタンを押してもらえるとめっちゃ嬉しいです♫

フォローしてもらえると喜びます★