『やめること』その勇気が現状を変える!!

1402seiri_main-thumb-600xauto-268

最近、よく考えることがあります。それは、『やりたいことが多いが、時間が足りない』とよく思うことです。

特に以下のようなものを見る度に考えます。

  • 買うだけ買ったが読めていない本
  • やり込めていないテレビゲーム
  • 溜まった連続ドラマ
  • 綿菓子が好きで買った綿菓子機
  • ヨガをやるために買ったヨガマット
  • 惰性で集めているマンガの単行本

messy-desk

等々、言い出したらキリがありません。それでもやりたいことは、限りなく増えていきます。そうすると、物も増え、やれてないことによる気持ち悪さも増加していきます。

3つの代表的な原因

皆さんも同じような状況になることはありませんか?気がつくと中途半端なものが山積みになってしまう。この状況が起こる代表的な原因は3つです。

①興味が次々とうつる

②すぐに飽きてしまう

③手放すことができない、もったいないと思ってしまうimg_0

対応策

まずは、自分の適量をはかる。自分の時間はどうがんばっても1日は24時間しかありません。24時間の中にある自分の自由な時間を計算してみる。これをせずにどんどん詰め込むと消化不調を起こします。

次に大切なことは、その時間でやりたいこを絞ることで他の選択肢をなくすことです。興味が他にうつることを防ぎます。継続して実施するために、記録をとることで飽きることなく、継続できるようにします。

溜まってしまう最大の原因は、手放すことができないことです。

人間は、無駄なことをしているように感じるため、エネルギーを注いだものを諦める、つまり捨てることが嫌いです。これまでかけてきた時間やお金を“失わない”ようにするために維持することに執着します。images

この執着によって失われる無駄な時間や物であればその置き場所を賃料として計算することで、割り切ることが大切です。つまり、現在の自分がおかれている状況にあわせて何が今一番大切かを判断し、必要があればあっさりと捨てるまたはやめる勇気を持つことが大切です。

結論

  • 今自分にとって必要なものは何?
  • 自分のライフスタイルに入れることはできる?
  • 継続するための仕組みや習慣は作れるか?
  • 必要でないものは、きっぱりと捨てる勇気を持つ

以上のような取り組みを行うことで常に心に余裕のある生活が実現できます。

そういう私も執着心を捨て、必要なことに集中します。j1-thumb-740x600-1206

 

ポッチっとボタンを押してもらえるとめっちゃ嬉しいです♫

フォローしてもらえると喜びます★