モテない男性にありがちなパターンと改善方法!!

motenai

今回のタイトルに刺さった方は、こんなケースを想像して欲して下さい。

【モテない人がやってしまうケース】

ある女性が美容院で髪を切ったのですが、想像と違って全然納得のいく髪型ではありません。そんな彼女に出会った男性の会話です。AL0012-inemurikaigi20140722500-thumb-1216x800-5273

①一番ありがち

男性『◯◯さん、髪切ったんですね?いいですね!似合ってます。』

何がいけないのか?そうです。彼女は納得がいく髪型ではないにも関わらず、簡単に『いいですね!似合っています。』と言ってしまうことです。

これが彼女がとても好きな人や尊敬する人からであればむしろ喜ばれかもしれません。そうでない場合は、何故か嫌味のようにも受け取られます。相手を褒めないといけないと思い込んでいる方に起こりえるケースです。AL003-sashidasaretaocya20140722500-thumb-1200x800-5262

②次にやってしまう

男性『。。。。。。。』

髪を切ったことに気付かないことです。これはこれで、髪を切った女性からすると寂しい気持ちになります。

【モテる男への改善方法】

あなたならこの場合どうしますか。

ここで重要なポイントは、相手の存在をありのままに受け入れることです。つまり、評価をいれずに気付いて存在を表現することです。

【先ほどのケース】

男性『髪切ったんだね。』

この一言だけです。すると女性の方から納得がいかない理由などを話したり、気付いてくれたことに安心します。AL003-nigawarai20140722500-thumb-1200x800-5272

ニュートラル対応

改善方法をここでは、ニュートラル対応と呼ぶことにします。

ニュートラル対応・・・価値や判断が存在しないまさにニュートラルな状態での対応方法

夫婦の会話においてありがちなのは、奥さんからの会話に対して男性が『でも。。。それって。。。』と言った感じで意見を言うことです。

相手は聴いて欲しいだけで、意見を求めていないにも関わらず、口をはさむことで相手が言いたいことも言えなくなり、場合によっては喧嘩になります。imgres

つまり、この場合どれだけ自分の意見を言いたくても最低限相手の話を理解してからにして下さい。それまでは、ニュートラル対応を行って下さい。

おまけ

ニュートラル対応とは、相手の存在を『ありのまま』に受け取ることです。そう『ありのまま』です。このキーワードから『アナと雪の女王』が連想できます。

エルサという雪の力を持つ彼女を極端に言うと『悪』という評価で周りが判断したため、彼女は心を閉ざしました。そこで生まれたあの名曲です。

まさに彼女の気持ちが表現されており、裏返すと存在を受けれて欲しい気持ちがあらわになっています。
4019-1003-1

しかし、妹の『アナ』は違いました。『姉』というかけがいのない存在として彼女の存在を受け取っていました。

そうすることで、姉の中にある植え付けられた価値観『自分は悪』という考えが変わっていきました。

あなたの私生活でニュートラル対応が必要な場合にも関わらず、相手をかつての『エルサ』のような評価で判断していませんか。

『モテる』というよりもまずは、安心して話ができる相手になれるように『ニュートラル対応』実践してみてはどうでしょうか。

 

ポッチっとボタンを押してもらえるとめっちゃ嬉しいです♫

フォローしてもらえると喜びます★