地頭力を鍛える??? 問題解決のために必要な力!!

地頭力??

何?って読むの?

『じあたまりょく』と読みます。

これは、

私がぶつかっている壁をこえるために必要な力です。

簡単に言うと、

問題解決の基礎となる力のことです。

この力がないと、以下のようなことが

起きてしまいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◻︎ケース

  上司に仕事を依頼された時の反応

[上司]  この間相談している投資効果の件だけど、進捗はどうだい?

[部下] 今ちょっとデータを整理しているので、あと二日ほど待ってもらえますか?

[上司] 二日後に報告してもらうのはいいんだけど、今の状況を教えてもらえないかな?

[部下] ユーザーの数がつかめないのです。。。

[上司] ユーザー調査と今回の投資効果はどう結びつくんだい??

[部下] とにかくユーザー数が関係するかと思って集めていたんです。

[上司] 先週そういえば、何かのアンケート調べていなかったか?

[部下] あれは、やってみたのですが今回の結果と関係なさそうなので使うのをやめました。。。

[上司] 詳細なデータを集める前に、全体のストーリーが重要なんじゃないか。

[部下] 今何もわからないのでとりあえすデータを集めてからでないと結論は分からないですよね。

[上司] 先にある程度結論を想定してからデータを集めはじめた方が効率的でないか?

     さっきみたいな『使われなくデータ』も少なくなると思うし、目次を考えてみたらどうか。

3db8bf86fc86c7b777faf4cd31ec65cf

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈問題点〉

目の前にある情報を積み上げていく考え方であり、

ゴールをイメージせずにとにかく目の前のことを集める。

更に、完璧を目指すため納期も遅れる。 ゴールが見えない分、完璧さを求めてもたどり着けない。

特にこのタイプは完璧さを求めてしまいがち。。。

こういったものを改善する力が地頭力!!

事柄を

【結論から】【何を】【どのくらい】と論理的に考える力。

現代人は、ネットで検索することで答えをみつけてしまう。

今ある知識を組み合わせて、仮説を立てるという考え方がまるでない。

知識がないと、そこで諦める。

私もまさにそう!!

image 2

今ある情報から組み合わせて、考えてゴールの仮説を作る力が欠けている。

特に、数学などが苦手な人に多いという。

この年齢になって気づいた。。。

このままでは、

思考力も落ち、あるものだけに反応している人間になると。

images

そこで、

トレーニングを実施!!

世の中のものをどうしてそうなのか?とすぐにネットなどを使って検索せずに

自分なりの考えを作る。

当たり前はなく、『何故そうなっているか』を考える。

PIC-20140428232751

これを繰り返すことで、頼まれごとであっても何故頼まれたのかを考える癖がつく。

3d human with a red question mark

皆さんも

地頭力、油断してるとなくなっていきますよ〜!!

 

ポッチっとボタンを押してもらえるとめっちゃ嬉しいです♫

フォローしてもらえると喜びます★