気持ちよく早起きができるようにする『7つの秘密道具!!』

yojigen-pocket

先日、早起きするための最強の方法は『人に会う約束を入れる事』と紹介しました。

また起きれなかった。。。そんな状態を解決する一番効く早起きの方法!! | 反応する人生から反応させる人生へ
今回紹介するのは、実際に私が早起きするために使用している7つの秘密道具です。この7つの道具は、起きるための手助けをしてくれるというものや起きた後にも目覚めをよくするもの

といったものです。一番大切な事は、『何のために』早起きをするかという目的です。

 

7つの秘密道具

私が使用している7つの道具は、以下のようなものになります。

  1. オキロー
  2. ブライトライト
  3. up by jawbone
  4. ヒーリングミュージック
  5. のび〜るフィットネス
  6. グレープフルーツスプレー
  7. SNS投稿

それぞれ1〜3は起きる為のもので、4〜7は身体や脳を目覚めさせるものです。

起きるための道具3つ

まずは、1と2について簡単に説明します。それぞれの共通点は、『光』を使うという点です。何故この『光』を利用するかというと

  • 人間の体内時計は25時間周期のため、1時間ヅレがあるが太陽の光が調整している
  • 眠たくなる睡眠ホルモン『メラトニン』の分泌を光がおさえる
  • 光が脳の覚醒を促す『セロトニン』の分泌を起こさせるため、心身のバランスが整う

昔はこの役目を太陽が行っていました。寝ている環境によってその効果を得られないため1や2の機械で意図的に太陽のような効果を発揮させることで身体を起こします。音の目覚ましで起きるよりも、不快がなく、気持ちよく起きることができます。

IMG_3579

《私の場合》

1のオキローを枕のそばに設置してこちらをメインで使用します。2のブライトライトは、最近は起きた後に浴びるような使い方をしています。

ブライトライトは光治療といってうつなど高照度光療法器具として使われています。これら2つの道具を使って目覚めと同時に脳の活性化を行います。3のup by jawbone(以後UP)は、記録と目覚ましという役割で使用しています。

IMG_3576

以前は同じような種類の『ねむり時計』『スリープとラッカー』等を使用していました。UPを使っている理由は管理が簡単で、睡眠以外の記録もできる点です。目覚まし機能は、睡眠のリズムを感知し、眠りの浅いタイミングで起こしてくれます。手に振動があり、目覚めが深いになりません。

《目覚め方》

3で眠りの浅い時に肌への刺激があり、その後に1や2の光による脳への刺激で起きます。

身体や脳を目覚めさせる4つの道具

目覚めてみたものの、活動意欲がなく、だらだらしているうちに二度寝にならないようにするための道具が4〜7です。実は、3も現在は同じカテゴリーとして使っています。

411G61q1evL

4 ヒーリングミュージック

目覚めた後に心地の良い音楽を聴きます。自然の音がからだにとって良く、脳もリラックスします。完全に目覚めてからは自分の好きな音楽に変更します。

41iGYmmGdzL._SL500_AA300_

5 のび〜るバンド

寝ている間に固くなった身体をほぐして全身に血液を流します。簡単に短い時間でストレッチができるため、愛用しています。

6 グレープフルーツのスプレー

これは柑橘系の匂いは、脳を目覚めさせることに向いているため使用しています。起きた時に匂いを嗅ぐと気持ちもリフレッシュするためです。

IMG_3578

7 SNSへの投稿

同じような志で早起きを実践している仲間に起きたことを報告することでモチベーションの維持にも役に立っています。一人では難しいことも仲間がいれば続きます。私が特に活用しているものは、facebookの『俺たち、早起き賊!』グループです。

IMG_3580

まとめ

7つの道具を使うことで、早起きを実現し、限られた時間を活用したいことが私の目的です。ここまでこだわると早起きそのものが目的になりそうですが、そうではありません。あなたも早起きしたいけどできない場合は、早起きする目的を明確にし、あくまでもサポートとして今回紹介したような道具を取り入れて下さい。

8b7847505eb53ecd5344c7da9203b6c5

『朝を制するものは、人生を制する』とっても過言ではない、早起き習慣を実現しましょう!

 

ポッチっとボタンを押してもらえるとめっちゃ嬉しいです♫

フォローしてもらえると喜びます★