もう悩まない!『声が出ない』『緊張』『不安』を一気に解決する方法

images-1

前回、話し方に関する記事の反響が大きいため、今回は声そのものをテーマにした記事を書きます。

あなたは声で損をしている?自分を変える1分間のトレーニング方法!たった1分で自分を変える! | 反応する人生から反応させる人生へ

 

声って実はメンタルに大きく影響される

声そのものの質を上げる方法は、今まで教わったことがない方が多いと思います。実際、私自信も話方などは学びましたが声そのもののことについては習っていません。声そのものは、メンタルに影響を受けるため、『本来の声』を使えていないケースがほとんどです。

こんな悩みありませんか?

  • 緊張や不安、恐れによって声が震えてしまう、または出ない
  • 自分の声そのもののが好きになれない
  • 声を出す事自体が好きになれなsore-throat-care

現代社会は、情報過多のため、忙しく、ストレスが多いストレス社会です。気持ちがブレやすく、イライラ、不安、緊張を抱える人が多くなっています。そのことが声にも影響しており、先ほど上げたような状態を引き起こします。

メンタル部分を改善する方法

ストレス社会における悩みや不安などのストレスから改善する方法が

『丹田呼吸方法』です。

この呼吸法とは、古くから武士の時代から伝わる呼吸法です。静かに自分の身体と心を見つめ、感情を冷静に分析、武士のような腹の据わった精神を鍛えていく、そんな素晴らしい能力開発呼吸法です。

どんな効果がある

呼吸法をもとに、自分の呼吸と向き合うことによって、『最終的に自分を信じる=腹をくくる』といった決断の精神を学べます。声にも心にも、すべてにおいてプラスとなります。

images-2

実際にやってみる

まず『丹田呼吸法』は、早朝に行って下さい。理由は、朝に行うことで潜在意識を刺激し、脳が目覚めるだけでなく、活性化します。以下の3つのステップに従って実施して下さい。

ステップ1 身体をほぐす

まずは、ガチガチに固まった身体をほぐすことから初めて下さい。身体をほぐすことで声がよく響く身体になります。

【やり方】

足の小指と薬指の水かき部分から1センチほど足首側によった部分を中指でグリグリして下さい。体重をかけて強めに行って下さい。ここには、老廃物を流し出すツボがあり、これをグリグリすることで代謝が上がります。左右両方の足を行い、できれば水も飲んで下さい。老廃物をたくさん出してくれます。

ステップ2 丹田で立つ

丹田とはおへそから3センチ下の部分に位置しており、身体内部の中心点になります。身体の軸となる部分に丹田があります。

56569452

ここを意識して立つことでブレい立ち方ができるようになり、身体だけなく精神的にも動じない安定感を持てます。

ステップ3 丹田呼吸

身体も緩めることができ、丹田を意識して立つことができるといよいよ呼吸にうつります。呼吸はさらに4段階で目をつぶってイメージしながら行います。

[息を吐く]

足を肩幅と平行に開き、身体を腰から前に倒しながら身体の中にある空気をすべて吐き出します。

[息を吸う]

フレッシュな空気をイメージしながら足の裏の真ん中から取り入れるように細く長く、息を吸います。足の裏から膝→太もも→股関節を通り、丹田に到達します。そこから身体を後ろに倒しつつ、尾てい骨、腰、背骨から首、後頭部、頭のてっぺんに空気が到達するイメージをします。ここまでを約20秒かけてゆっくりと息を吸い続けます。

[息を止める]

舌を上の歯の付け根の裏側につけて口を閉じます。この状態で息をとめたまま、空気を身体に沿って今度は下ろすイメージをします。約12秒をかけます。(私はこれが辛かったです)

[息を吐く]

空気の流れが丹田にくるまで息を止めたら、ゆっくりと吐きます。20130319_541898

最後に

丹田呼吸法を続けていくことで、声を出す元となる身体が安定してきます。身体を安定させた後に、前回の記事で紹介しました発声や滑舌トレーニングを行うことで今までと違う自分の声に自信を持って話すことができます。

ddcfafd829fd4384

私自身あれから毎朝この呼吸法と発声を繰り返しており、今朝その効果が出ました。『おはようございます』の挨拶がいつもより通り、声がはっきりとしていると言われました。今まではなかったことが少しづつですが起こり始めています。私のように声と話方で悩んでいる方は是非実践して下さい。

 

ポッチっとボタンを押してもらえるとめっちゃ嬉しいです♫

フォローしてもらえると喜びます★