思考の整理できる人の秘密は、ノートにあった!頭のいい人使うノート術とは。。。

写真

夢についての明確すなわち目的をビジュアル化する方法で『宝地図』を紹介しました。前回は、日常の頭の中にあるモヤモヤを一気に吐き出す『ゼロ秒思考』というメモ術を紹介しています。

まだ溜め込むの???あなたの頭の中にあるモヤモヤをデトックスする方法とは?

今回は、読書、セミナーなど外から学んだことを整理するあるノート術を紹介します。

 

頭がいい人が使う『方眼ノート』

私が今取り組んでいるアウトプットの方法は、『方眼ノート』を使った方法です。参考にした本はこれです。

『方眼ノート』をただ使うのではなく、そこに使い方と目的を理解した使う方法が書いています。一言で言うと方眼ノートでアウトプットすることで話が整理でき、人へ説明できるのもこのノートで充分という状態になります。

私やその他よくあるノート例

houganatama_01

  1. 汚いノート
  2. 小さいノート
  3. メダボなのノート
  4. カラフルなノート

私の場合、まさにAの『汚いノート』とCの『メダボなノート』のコンビネーション的なノートでした。実際にノートを見直してもよく分からないことが多く、メモ書きレベルで終わっていました。そこで、この本をもとに読書、セミナー、アイデアを思いついた場合に方眼ノートを使って整理を行いました。

【頭のよくなるノート例】

houganatama_03

↑このような形で基本的はテーマを作り、あとは3分割の方法で整理

houganatama_04

つまり、見出しに『論点』と『結論』を書き出し、その見出しについて3分割にして『現状』→『課題』→『行動』の流れで整理します。必要な事柄に絞りとることでスッキリと整理されます。

効果

実際にノート術を行うと以下のような効果を得ることができます。

  • 記憶力がアップする
  • ロジカルシンキングが可能になる
  • 問題解決力が高まる
  • プレゼンがうまくなる
  • モチベーションが上がる
  • 勉強力が高まる

最後に

実は、方眼ノートが通常のノートよりも少し高価なため、私は気軽に書けないという状況でした。ここで私が陥っていたことは、高価なノートなので『綺麗に完璧に書かないといけない』という謝った固定概念にとらわれていたことです。私の目的は、頭を整理してノートでロジカルに考える力や問題解決の力を身につけることです。

そのためには日々の実践が大切です。

写真

普段考えることが多い方や人へ説明することが多い人に特にこの『方眼ノート』の方法はおすすめです。

 

ポッチっとボタンを押してもらえるとめっちゃ嬉しいです♫

フォローしてもらえると喜びます★