今話題の『アイスウォーターチャレンジ』、『遊び』の部分が広がっているがその本当の目的と懸念事項とは???

10411229_695490540521383_4198717010492707598_n

関東では、午前中晴れてたのですが現在雨が降っております。

夏の天気は予測できませんね。。。

それでも暑い日は続いています。

そのような中、Facebookでたくさんの人達がアイスウォーターチャレンジ』なるものを

実施していて、その運動は広がっています。

10411229_695490540521383_4198717010492707598_n

 

アイスウォーターチャレンジとは

別名、『アイス・バケツ・チャレンジ』とも呼ばれており、

元は筋萎縮性側索硬化症(ALS)について広く知ってもらい、

闘病を支援する目的で始まった運動。

無題

チャレンジ内容

指名された人は、24時間以内に氷水を2杯かぶるか、100ドルを寄付する。

また、チャレンジの前後で自分の次にやって欲しい人を3名指名し、指名された人は、

その様子を写メか動画で撮影してfacebookやTwitterを通して「やりましたよ!」アピールするという内容。

何が目的

筋萎縮性側索硬化症(ALS)という難病を多くの人に知ってもらうことが目的。

このアイデアを思いついたのはALSで闘病中の元野球選手ピート・フレーツさんであり、そこから

アメリカを中心に歌手ジャスティン・ティンバーレイクさんなどが参加したことで一気に広まった。

筋萎縮性側索硬化症(ALS)とは

 体を思い通りに動かすときに必要な筋肉を随意筋といい、随意筋を支配する神経を運動ニューロンと言う。

 運動ニューロンには、上位運動ニューロンと下位運動ニューロンの2つがあり、

 これらの運動ニューロンが侵されると、筋肉を動かしにくくなったり、筋肉がやせてくる。

 筋萎縮性側索硬化症は、運動ニューロンが侵される病気であり、その詳しい原因は今も解明されていない。

als03

アイスウォーターチャレンジの危険性

まず考えられることが、

氷水を浴びることによる、心臓への影響やいじめなどに発展する可能性が高い点。

夏の時期はいいが、これから気温が下がっていうことで非常に危険性が高くなる。

03

また、

すでに日本の若者を中心にFacebookで広まっている内容を見ると、

『アメリカからの遊び』『どこに寄付するかわからないが100ドル寄付する』など、

本来の目的である『筋萎縮性側索硬化症』に対しての理解と寄付という点が

失われて広がっている。

bu95fnfceaaz32g1

最後に

現時点で、寄付金は4億円以上と本来の目的と効果が、アメリカでは広がっている一面もある。

ただ、日本では現時点だと遊びとしての流行が強いため、このチャレンジで事故が起こらないように

注意して欲しい。

嫌がる人に対して強要することも避けて欲しい。

a9afbe30519178a9809ff2ad53bb30b2e49dbabe1394311403-s

この運動によって分かることは、SNSの持つ拡散力の高さであるが、

悪用されることも今後考えられるため、ユーザーとして私も注意したい。

本来の意味を広める上でも今回このように記事に書いた。

 

ポッチっとボタンを押してもらえるとめっちゃ嬉しいです♫

フォローしてもらえると喜びます★