やっ焼き肉が走ってくる!?面白い仕組みを実現した特急焼肉とは?

e39886431e

先日ダイエットの記事を書いておきながら、実は焼肉屋に行っておりました。

その焼肉屋のシステムがあまりに面白く、繁盛していたのでそのことを

書きます。

image 6

 

焼肉屋『特急焼肉』とは

関西を拠点とする焼肉の松屋さんが今年オープンした焼肉店であり、

今までの焼肉店とは違う新しいコンセプトの店舗です。

以前その場所は、大手の回転寿司チェーン店が運営しており、

焼肉特急は居抜きで運営しています。

image

先日もお盆中ではありますが、21時まで常に40分待ちの状況が

あり、席数166席(テーブル30席)でこの状況は焼肉店は非常に

珍しい状況でした。

何かすごい

特急というネーミング由来である、自動の配膳システムを中心に

以下の5点が素晴らしく、売上の要因になっています。

⑴自動配膳システム

⑵タブレット端末による注文システム

⑶躍動感がありつつも高級感と遊び要素がある店内環境

⑷リーズナブルな料金

⑸自動配膳を活かしたアトラクション演出

簡単に各ポイントを説明します。

⑴自動配膳システム

現在多くの大手回転寿司チェーンが導入しているシステムを

焼肉屋に導入。

AS20140426003345_commL

《効果》

 ・料理の待ち時間削減

 ・人件費削減

 ・子供も楽しめる

これは、『回転寿司のシステム』×『焼肉』を組み合わせることで

新しい価値『特急焼肉』を創造しています。

経済用語では、『新結合』と言われており、ここが一番の強みです。

実際に、料理が運ばれる際に列車同様にホームのアナウンスが入る

ところも面白いです。

利用した感想としては、ストレスなく、食事に集中できました。

↓動画がりますのでクリックして下さい。

ビデオ

⑵タブレット注文

タブレット注文による効果は以下のとおりです。

image 4

《効果》

 ・スタッフを呼ぶストレス削減

 ・人件費削減

 ・注文履歴を瞬時に確認可能

注文のためのタブレット端末も大手大衆居酒屋でのシステムをうまく導入しており、

実際に、注文もしやすく、非常に便利でした。

image 3

⑶躍動感がありつつも高級感と遊び要素がある店内環境

店内のBGMがカウントリー調でリズミカルなところが気になりました。

このリズミカルな仕掛けとタブレット注文、自動配膳により、

image 2注文するスピードがあがります。

《結果》

 ・回転率が上がる

 ・深く考えずに注文するためサブメニューの注文が増える

お店にとってプラスとなる要素が嫌味なく、組み込まれています。

内装が、少し高級感があることも嫌味がないことに影響しています。

焼肉のトングで作った黄金のシャンデリアは遊び心があります。

d5764-3-691649-3

⑷リーズナブルな料金

食べ放題でなく、あえて一品勝負をしていますが、その料金は

リーズナブルです。

また、お肉そのものの質も高いため、不満がありません。

ここにも回転率と単価を上げる仕組みが取り入れられています。

menu_01

⑸アトラクション演出

記念日サプライズを特急レーンを使って演出してくれます。

特急のアナウンスまで自分たちの声にしてくれるなど、

感動を生み出すアトラクション的なサービスが魅力的です。

003

これも人気のレストランや居酒屋で導入されている感動を生み出す

仕組みを『特急レーン』を組み合わせることで新しいサービスとして

創造しています。

最後に

ヒットしているお店は、必ずこのような戦略と新しい価値感を

創造しています。しかも、新しい価値観といっても既存の価値と

既存の価値を結合させることによるものです。

今回の『焼肉特急』は、お客様のニーズとお店の要求をうまくマッチングする

ことによって両者にとってWIN-WINの関係を築いていました。

image 5

ちなみに、

あまりに面白いお店だったため、焼肉よりも特急列車や店内を

写真で撮りまくる私は変人に見えたのかも知れません。。。

その証拠に店員さんにも話かけられました。。。

 

ポッチっとボタンを押してもらえるとめっちゃ嬉しいです♫

フォローしてもらえると喜びます★