【コーチング】自らの欲望を味方にし、自分の物語を始める!

今、ここに集中して人生を変える行動習慣化イノベーションコーチの社領です。

今回はテーマではなく、私自身の話を致します。

私はコーチとして多くの方と向き合っており、日々学びクライアントさんと共に成長しています。つまり完璧な人間ではないが故、時々見えない不安や恐怖によってエネルギーを奪われることがあります。

ここ最近ではそのようなこともなかったのですが、つい先日何故か自分のエネルギーが落ちていることに気付きました。それは、マイコーチとのセッション中に、自分の状態が低いことをフィードバックされました。

 

では、どこに私はエネルギーを使用しているのか?

行動にのみ注力し、自分自身の奥にある『欲望』を置き去りにしていました。置き去りにされた『欲望』が出てこようとしては見えないように、いや見ないように砂をかけて埋めていました。

埋められる度に『欲望』は負のエネルギーとして大きくなり、裏側から私の力を奪っていました。

例えるのであれば、栓の抜けた風呂にお水を注ぐことで浸かった気にはなるが充足できる程に水は溜まらない状況です。水道代だけが増え、自分自身は満足できないので更に蛇口をひねることでなんとかしようとしていました。

20080509214453

『欲望とは』

欲望とは自分が今何を求めているかということです。反対に欲望が満たされている時はどんな状況かを連想します。

具体的には、どんなことをしていると自分が充実しいるかを探り、あらゆる角度で質問をしていきます。

私の場合、

『自分の発信する情報や自分自身にどれだけの人が興味を持ってくれるか?』

自分への注目を集めたいというギラギラした欲望が根底にありました。薄々自分でそのことを気付いていたものの、それは良くないことだと蓋をしていました。

matome

しかし、行動の根底にはそのような思いがあるため、行動をあらゆる角度で分析すると共通して同じ答えになりました。

『自分の発信する情報や自分自身にどれだけの人が興味を持ってくれるか?』

欲望を素直に受け容れると見えてくる自分自身の価値観

それは、

『自分が行ったことに対する人の反応によってのみ自分が生きている価値にしている。人があって自分があるという状況にのみ固執している。つまり、自分で自分を信頼していない。

人との比較や周りからの評価によってしか自分が自分でいれないというプログラムが組み込まれていることでした。

mig

参考http://www.theguardian.com/books/booksblog/2010/apr/08/bad-parents-childrens-books

幼い頃の記憶を辿っていくと親への承認、周りの評価を上げて親を喜ばせたい、周りはこうだから自分もそうでなくてはいけないという思い込みがありました。名の知れた高校や大学に入って、世間的には評価を上げることが自分にとっての存在価値なのだと。

また、就職も同じように判断基準が有名な企業が選択条件として活動をしていました。

しかし、これはこれで何も否定すべきことではありません。その時自分にとっては生きる基準が周りからの評価や人との比較であっただけです。

今、ここから

実は驚くことに『欲望』と向き合った時、【誰かに反応や評価をもらうことに必死になっている自分】がとても愛おしく思えました。必死で行動していた背景にそのような思いがあった自分が。

では先ほどの例えに基づいてこのお風呂の栓を閉じて水位を上げるためにはどうするべきか?

コーチングを学び、行動イノベーションを実践している内に自分の中で答えが出てきました。

『自分で自分を愛すること』

005

具体的には今まで人からの評価や比較によって存在を確認していた【習慣】を次は自分からの評価や自分との比較によって存在を確認するようにします。プログラムをここで書き換えます。

新プログラム【自分で自分のことを認め、信頼し、愛する】へ

生まれてから死ぬまで確実にずっと一緒に居れるのは家族ではなく、自分なのです。その自分をないがしろにして他者からの評価を求め、他者の言葉に一喜一憂していることは非常にもったいないのです。一番近くにいる自分が最大の理解者として自分を評価することで多少のことでもブレたりしません。

ますはここから

最初から自分を愛するということは、対人関係を例にあげても難しいです。いきなりあの人を愛して下さいといっても愛せません。好きになることはできるかも知れませんが。

まずは、相手を知ること、そして受け容れ、接触回数を増やすことで信頼するというプロセスが必要です。そのためにできることとして自分を構成しているものをすべて分解し、一つ一つを丁寧に確認していきます。

同時に常に自分への対話を行うことで自分で自分を信頼できるようにしていきます。

欲望と向き合った私のビジョン

私の風呂にたくさんの水が溜まると自分自身の回復だけなく、人までも癒す大浴場となり、多くの人が集まりリラックスして自分と向き合えるようなそんな温泉施設となることが私の先にあるビジョンです。

つまり、そのような人が集まり、互いに共感、学び合える場所を作り出すことです。そして、風呂に注ぐ水も温泉水やその他泡風呂など私が得たことを色んな形で参加者と一緒に創り上げます。

mhead

参考http://www.izu-hamanoyu.co.jp/02_spa/manten.html

そのためにもまずは栓を閉めるところから始めます。

【満員御礼】5月のクライント募集枠はおかげさまで終了しました。応募頂きありがとうございます。

次回6月にも体験などを募集しますので情報をお待ち下さい。

↓クリックすると申し込みフォームに移動します。

http://www.shary-dream.com/%E3%82%BB%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E7%94%B3%E3%81%97%E8%BE%BC%E3%81%BF

毎週月曜日にコーチングを活用した朝活もありますので興味のある方は是非ご参加下さい。

(2) 【残り1名】5月病を吹き飛ばす!初めての方も歓迎! 週単位で『ミッション』を決め、『行動』し、共に『成長』する会

その他にもコーチ向けのイベントを5月31日(日)に実施します。

詳細は以下のサイトを確認下さい。

(2) プロコーチが持つプレゼンス【ありのままの自分で選ばれる存在感とは】

 

ポッチっとボタンを押してもらえるとめっちゃ嬉しいです♫

フォローしてもらえると喜びます★