【コーチング】あなたは考えているのではなく不安を◯◯ているだけだった。。。

201202231402107805

今、ここに集中して人生を変える行動習慣化イノベーションコーチの社領です。今回のテーマは『不安との付き合い方』です。

近年、不眠症が増えており、それは不安や悩みが原因の一つだと言われています。不安や悩みはその他にも様々なところで心体への影響があります。

私も時々、見えない不安によって行動にブレーキがかかることがあります。

例えばこんなことありませんか。

  • この先の未来を考えることができなくなる。怖い。
  • 周りの人が輝いて見えることで自分を追いつめる。
  • 起きてもいないことを考え、更に悪いことばかりを連想する。
  • 心体への影響で、心はモヤモヤし、体は脈拍が上がりドキドキ、足先などが異常に冷える。

特に夜寝る前にこのようなことを思ったりしませんか?

sleep

これを人ことで『不安なことを考えてしまう』と人や自分に言っていませんか。

考えているのではない

実は、不安や悩みは考えているのではなく、頭に浮かんだ絵をただ眺めているとしたらどうでしょうか。

shyr2NZeWWRS3DzhFZsZtrMEUgVSzKiA

漠然としたものをただ頭の中で眺め、頭の中の世界が実際に起きているように感じて反応しているだけなのです。

ポイントは、漠然としたものを眺めているのでその意味が明確でないため勝手に悪い意味付けをしています。その結果、夜眠れなくなることや朝が来ることが嫌になるなどの反応を自分で起こしています。

 

では、どうすればいいか?

以下の7つの動作を順番に行うことで気持ちも楽になり、行動ができます。

⑴頭の中にあるもの、浮かんできたものを頭の中から外へ出す

⑵外に出したもの区別する。『今起きていることか』『起こると思っていることか』

⑶区別したものを見て改めて自分で認める『自分の頭にはこういった絵が浮かぶんだね』

⑷『本当はどうなっていたらいいか』を思いつく限り書き出す

⑸今の自分でできていることを書き出す

⑹できていることを少し上げ、⑷と⑵をみながらやれることは何かと考えて行動する

⑺行動したことを可視化し、自分を勇気づけていく

ポイントは頭から外へ出して整理すること

images

最大のポイントは、頭の中にある絵を眺めてしまうから考えることに変えるには『外へ出すこと』です。

つまり、書き出してみることです。書き出すだけでも実はスッキリします。人は見えないものや形をつかめないものに恐怖を感じます。

しかし、それが目に見えることで安心感を得ることができます。そこで初めて『考える』ことができます。まずは、不安というものに悩まされている人は一度すべてを紙に書き出して下さい。

絵を眺めるだけでは何も変わりません。そこから何を感じ、どうしたいのかを紙に書き出し、声にして『行動』すると自分が変わります。

【残り僅か】5月のクライント募集枠はおかげさまで終了しました。応募頂きありがとうございます。

次回6月にも体験などを募集しますので情報をお待ち下さい。

↓クリックすると申し込みフォームに移動します。

http://www.shary-dream.com/%E3%82%BB%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E7%94%B3%E3%81%97%E8%BE%BC%E3%81%BF

毎週月曜日にコーチングを活用した朝活もありますので興味のある方は是非ご参加下さい。

(2) 【残り1名】5月病を吹き飛ばす!初めての方も歓迎! 週単位で『ミッション』を決め、『行動』し、共に『成長』する会

その他にもコーチ向けのイベントを5月31日(日)に実施します。

詳細は以下のサイトを確認下さい。

(2) プロコーチが持つプレゼンス【ありのままの自分で選ばれる存在感とは】

 

ポッチっとボタンを押してもらえるとめっちゃ嬉しいです♫

フォローしてもらえると喜びます★