【ビジネス】なかなか身につかない毎日の勉強習慣を身につける方法

BON85_tebukurowonigiru20150207162632500-thumb-1366x1000-12111

おはようございます。良い習慣の奴隷となるサポートをする行動習慣化プロコーチの社領です。今回のテーマは『勉強習慣』です。皆さんは自分を高めるために『勉強する』という行動習慣を掲げることはよくありませんか。

私はあります。そしてかなりの高確率で続かないという結果になっていました。

例えば、、以下のような勉強の計画を上げた方はいませんか?

・1日30分は自分の専門分野の勉強をする

・英語の例文を、1日10個覚える

・参考書を読み、ドリルを1日5ページ進める

・いろいろなジャンルの本を、毎月3冊読む

どれの計画もやる気に満ちており、立てた時はできている自分を想像しています。しかし、残念なことにいずれも行動が続かないため、続かないことで自信を失います。

一番の要因は何でしょうか。

勉強習慣と時間

勉強習慣の続かない要因は、『時間』です。実は、勉強しようと決めた時は時間がとれると思っています。実際は、仕事が忙しくなることやプライベートでの突発的な問題で思ったように時間がとれなくなります。

OZP86_kuso-yarareta500-thumb-739x500-3725

気がつくと、時間がとれないことによる苛立ちと自分への自信を喪失してやる気は消えていきます。

つまり、勉強習慣を立てた人が共通して言うことは、『時間がなかった』です。これは単なる言い訳です。

 

アプローチを変える

時間がないという理由で勉強習慣が身につかなった場合、どうすればいいか?

時間がなかったという部分を時間をつくろうとしなかったと認識を変えます。要するに、『勉強する行動』よりも『時間をつくる行動』に焦点を変えます。

環境を作る

時間をつくる行動に焦点を変えるということは、いつでも勉強をしてしまう環境を自ら作ることです。例えば、英語の勉強を1日30分続けるという勉強習慣を立てたとします。

以下の5つのステップに沿って環境を作ります。

①1日の自分の時間を洗い出す

②1日の中でついでにできる時間や隙間時間を探す

③②の時間でいつもできるような仕組みを作る

④勉強ができる目に見えて分かるようにする

⑤人に報告するなど他者を巻き込む

簡単にできてしまう時間を細切れにでも確保することでまずは続ける習慣と自信が手に入ります。

47486666

その環境を用意することで、いつもまとまった時間にやるという計画よりも継続率は大きく上がります。『勉強する』という行動よりも、そのために『時間を有効活用する』行動に着眼点を変えた方が続きます。

さいごに

多くの方は、未来の自分に期待をして今を見ずに計画を立てます。その結果、現実のギャップで続けることができません。まずは、今の生活内に勉強習慣が入る場所があるかを一度調査し、少しでいいので取り入れて下さい。

image

この方法は勉強習慣に限らずに運動習慣にも同じことが言えます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コーチングに興味のある方は、無料で体験等も行っていますので以下のフォームに記入し、メッセージを下さい。

http://www.shary-dream.com/%E3%82%BB%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E7%94%B3%E3%81%97%E8%BE%BC%E3%81%BF

その他にも毎週月曜日の朝に新宿にて週単位のミッション朝活も実施しています。

初めての方も歓迎! 週単位で『ミッション』を決め、『行動』し、共に『成長』する会

 

ポッチっとボタンを押してもらえるとめっちゃ嬉しいです♫

フォローしてもらえると喜びます★