1つずつ自分を変えていくー捨てるべき40の『悪い』習慣

IMG_0067

こんにちは行動習慣のプロコーチ社領です。今回は、行動習慣を常に研究し、自身も実践を繰り返している私が立ち寄った本屋で目にした『1つずつ自分を変えていく 捨てるべき40の「悪い」習慣』について書評を書きます。

最近の私のブームは、やりたいことを選ぶと同時にやらないことを選ぶことです。つまり、捨てるべきものを選んで捨てることです。本書のような方に強くお薦めします。

  • もう一度自分の人生を考え直したい方
  • 今以上に成長したい人
  • 人間関係にストレスを抱えている人
  • 自己啓発書を卒業したい人
  • 他人に流されたくない人
  • 守りたい誰かがいる人

本書にはそのような方にむけて悪い習慣の『捨て方』と『捨てる勇気』を授けてくるような構成で書かれています。

本の紹介

著者 :午堂 登紀雄

出版社:日本実業出版社

 

特にこれは実践すべきこと

40の悪い習慣のいくつかは自分自身に当てはまることが多く、捨てるための根拠をロジカルに説明されているので非常に納得がいきます。

中でも私は以下の5つのことが非常に面白く、早速実践すべきことだと感じたので紹介します。

⑴他人との比較意識を捨てる

⑵『いい人』を捨てる

⑶完璧主義を捨てる

⑷依存心を捨てる

⑸心配事を捨てる

それぞれについて自分の感想も踏まえて説明します。

⑴他人との比較意識を捨てる

捨てられない人・・・無駄なエネルギーを大量消費する。

捨てられた人 ・・・自分が幸せになるための行動に集中できる。

周りの人と比べて自己嫌悪に陥ることはありませんか。そのようなことは非常に無駄であり、何の価値も生みません。私もよく周りの人と比べることで自分自身を評価していました。

しかし、本書にはその解決方法として2つ述べています。

①自分の判断を尊敬できる自分になる

②自分自身の幸せの基準というか『軸』が必要です。いったい自分は何に幸福感を覚えるか。どういう状態を目指しているか。

自分の判断を尊敬できるとは、つまり自分基準で計測して自分自身で合理的な結論を出すことです。そこには他人の基準など介入しません。IMG_0006

そのために必要な自分自身の幸せの基準を持つことは、捨てる捨てないの判断という意味でも重要です。この基準がないのでいつまでも他人を基準としているため、エネルギーを浪費してしまいます。私も幸せの基準を決めることがまずやるべきことであり、それ以外は捨てるようにします。

⑵『いい人』を捨てる

捨てられない人・・・常に誰かの後ろを歩く人生になる

捨てられた人 ・・・ふつうの人が気づけないバリューを見い出せる

いい人でいることは、誰からも好かれて人間関係に波風を立てないので一見良くみえますが、本書ではいい人であることは成功から遠ざかるとハッキリ述べています。つまり、いい人である以上、信念ある自己主張をしようとしないため、周りからの反対があると打ち負けてしまうからです。shyr2NZeWWRS3DzhFZsZtrMEUgVSzKiA

いい人の特徴としては、自分で決断しなければ責任もとりません。このフレーズが私にグサリと刺さりました。決断をせず、責任を自分でとらない点でいい人というポジションで逃げているように感じたのです。先ほどの軸を決めると同時に主体的にものごと判断して責任をとることを選ぶ生き方を私も行います。

その他にも多くの方が当然と思っていることの反対のことを考えてみるといった方法も紹介されています。

⑶完璧主義を捨てる

捨てられない人・・・ストレスまみれの人生になる。

捨てられた人 ・・・挑戦できる体質になる。

このことについては前回私はブログ書評で書いております。

人生は『見切り発車』でうまくいく!〜完璧主義からの脱却〜 | 本と気になる!ブログ
本書にはそのデメリットを細かく書かれており、その対策につても述べられています。どれも今すぐ私が実践したい内容になっています。

完璧主義のデメリット  と対策①アクションが遅れる   →見切り発車する

②変化に対応しにくい   →スピード重視でいったん仕上げる

③精神的に疲れる     →『あるべき論』を捨てる

④他人に不満を感じやすい →人も社会も不完全だと受け容れる

⑷依存心を捨てる

捨てられない人・・・他人の都合に振り回される

捨てられた人 ・・・自分の人生のハンドルを自分で握ることができる

これまでの自分の課題であり、今も取り組んでいることが依存心を捨てることです。依存する限りは他人の都合に振り回され、結果的に起きたことも他人のせいにしていまう傾向になります。PAK86_yarinaoshiwomeiji20140125500-thumb-1258x700-4932

依存心を捨てるためにどうするべきかというのは、いい人を捨てることと同じですべてを自己責任として決めることです。そのためにもやることはまず自分で考えて自分で判断し、その結果も自分で受けいることです。この繰り返しを日常的に行うことで依存心を捨てることができます。

特に仕事面では言われた仕事をこなすだけなく、自分で考えて自分で責任を負うことで自己成長にも繋がります。

⑸心配事を捨てる

捨てられない人・・・無駄に時間と気力が奪われる

捨てられた人 ・・・やるべきことが見えてくる

不安に思っていることの多くはまだ起こっていない未来であり、気にしても意味がないものです。思い悩むと時間と気力が奪われるため、他のことにも積極的になれません。私はこの傾向が強くあり、起きていないことをあまりに思い込み過ぎて何もできなくなった経験があります。OZPA87_kyuunishinzouga20130707500-thumb-1050x700-4934

かい不安を払拭できるのは、解決のための具体的な行動だけです。

不安を可視化して『課題』に変える。

優先順位をつけると、どうでもよい不安がわかる。

本書で述べれられていた方法は、つい先日読んだ『新訳 道は開ける (角川文庫)』にも書いていました。不安という漠然としたものを紙に書き出し、1つ1つと向き合い、解決策を具体的に考えて書き出すことです。

中身が見えない漠然とした不安に気持ちを奪われることこそ、無駄であり、その正体を不安がある時は書き出すようにしています。

まとめ

本書の中で私が強く思ったことは、自分自身の『軸』を明確にして責任を自分でとることがとても大事だということです。ここでいう『軸』がハッキリとすることで悪い習慣と言われるものを捨てるという判断もできます。『軸』がないまま、本書の書かれていることをただ鵜呑みにするだけでは、何も変わらないです。

習慣はその人の人生を作るものであり、習慣は変えることができるものでもあります。

本書には今回紹介した5つの習慣意外にも35個の習慣について詳しく書かれています。是非、ご自身の手にとって自分の目で確認して下さい。きっとあなたの人生に影響を与える本だと思います。

 

ポッチっとボタンを押してもらえるとめっちゃ嬉しいです♫

フォローしてもらえると喜びます★